銘板・ロゴプレートトップイメージ

アルミ製 ロゴネームプレート・銘板 表面加工の種類

アルミ製 ロゴネームプレート・銘板
表面加工の種類

アルミ製のロゴプレート製品は、デザイン仕上げの組み合わせにより、様々な見た目にすることが可能です。
「アルマイト」のみや、見た目を整える「ブラスト・ヘアライン・ダイヤカット」などの表面加工、ロゴを際立たせる「塗装」やコーポレートカラーを彩色できる「色入れ」など、様々な表面加工をご紹介いたします。

※プレートのデザインや形状により、見た目の印象は変わります。表面加工ご選択の参考にお役立てください。

プレートのデザインや形状により、見た目の印象は変わります。表面加工ご選択の参考にお役立てください。

※上記ボタンから、表面加工の説明にすばやく移動できます。

上記ボタンから、表面加工の説明にすばやく移動できます。
アルミプレートアルマイト アルマイト アイコン

アルミ本体に人工的に酸化被膜を作り、プレート表面を錆びから守り強度を高める加工方法です。「アルマイト加工」の過程で酸化被膜を通してプレート表面に染料を浸透させ着色することが出来ますので、金・銀・銅の他、様々なカラーでの製作が可能です。
「アルマイト加工」はアルミ製品の基本となる加工方法で、その他の表面加工との組み合わせでも幅広く活用されています。

アルミプレートブラスト ブラスト アイコン

ブラスト材と言われる研磨材の粒子を圧縮機械でプレートに吹き付け、表面を梨地のように粗く処理する加工方法です。見た目はつやを消した上品な印象となり、ロゴマークやデザインの視認性も高くなります。
「アルマイト加工」と組み合わせて使用されることが多く、さらに「ダイヤカット加工」や「ヘアライン加工」などの表面加工と組み合わせることにより、仕上がりの幅が広がります。

アルミプレートヘアライン ヘアライン アイコン

プレート凸部分の表面に、髪の毛ほど細かい横方向のラインをつける加工方法です。細い線状の模様が単一方向に入ることで、つや消しの効果が生まれるとともに、金属的な質感を強調する効果があります。
基本的に、凸部分に「ヘアライン加工」を施し、凹部分には「ブラスト加工」「塗装加工」「色入れ加工」などの表面加工を組み合せることにより最終的な見た目に仕上げます。

アルミプレートダイヤカット ダイヤカット アイコン

ダイヤバイト(ダイヤの刃物)を高速回転させることで、凸部分の表面に切刻加工をし、光沢感を生み出す加工方法です。カット面には、光の反射により輝きが生まれ、デザインクオリティが格段にアップします。
「ダイヤカット加工」を行うことで、製品に高級感・重厚感・立体感を出すことができます。「ヘアライン加工」と同様に凸部分に施され、凹部分には「ブラスト加工」「塗装加工」「色入れ加工」などの表面加工を組み合わせる事で、様々な表現が可能となります。

アルミプレートミガキ ミガキ アイコン

研磨剤を使用し、回転している円盤状の布や砥石に製品を押し当てることで表面を研磨する加工方法です。プレートの凸部分や側面に施す表面加工で、研磨した部分には鏡のような輝きとツヤが生まれます。
凹部分に「ブラスト加工」することで、光沢とつや消しのコントラストが生まれ、高級感あふれる美しい仕上りとなります。

アルミプレート塗装 塗装 アイコン

スプレーガンで塗料を吹き付けた後に、釜に入れ焼き付けることで、塗料を硬化させる加工方法です。主に、ベース部分(地面)に「塗装加工」をし、凸部分を「ヘアライン加工」や「ダイヤカット加工」で仕上げます。
黒色の塗装が最もスタンダードですが、その他のイメージカラーやコーポレートカラーなど、様々なカラーでの「塗装加工」が可能です。

アルミプレート色入れ 色入れ アイコン

各種表面加工を施した製品の凹部分に塗料を流し込み、着色する加工方法です。着色後、加熱して焼き付けることにより皮膜を硬化させます。
凹部分にのみ着色することが可能で、1色での着色はもちろん、凹部分を金属の境界線で分けることで、多色での「色入れ加工」も可能となります。イメージカラーやコーポレートカラーなどで彩色することで、より華やかな印象に仕上げることができます。

アルミプレートアルマイト
アルマイト アイコン

アルミ本体に人工的に酸化被膜を作り、プレート表面を錆びから守り強度を高める加工方法です。「アルマイト加工」の過程で酸化被膜を通してプレート表面に染料を浸透させ着色することが出来ますので、金・銀・銅の他、様々なカラーでの製作が可能です。
「アルマイト加工」はアルミ製品の基本となる加工方法で、その他の表面加工との組み合わせでも幅広く活用されています。

アルミプレートブラスト
ブラスト アイコン

ブラスト材と言われる研磨材の粒子を圧縮機械でプレートに吹き付け、表面を梨地のように粗く処理する加工方法です。見た目はつやを消した上品な印象となり、ロゴマークやデザインの視認性も高くなります。
「アルマイト加工」と組み合わせて使用されることが多く、さらに「ダイヤカット加工」や「ヘアライン加工」などの表面加工と組み合わせることにより、仕上がりの幅が広がります。

アルミプレートヘアライン
ヘアライン アイコン

プレート凸部分の表面に、髪の毛ほど細かい横方向のラインをつける加工方法です。細い線状の模様が単一方向に入ることで、つや消しの効果が生まれるとともに、金属的な質感を強調する効果があります。
基本的に、凸部分に「ヘアライン加工」を施し、凹部分には「ブラスト加工」「塗装加工」「色入れ加工」などの表面加工を組み合せることにより最終的な見た目に仕上げます。

アルミプレートダイヤカット
ダイヤカット アイコン

ダイヤバイト(ダイヤの刃物)を高速回転させることで、凸部分の表面に切刻加工をし、光沢感を生み出す加工方法です。カット面には、光の反射により輝きが生まれ、デザインクオリティが格段にアップします。
「ダイヤカット加工」を行うことで、製品に高級感・重厚感・立体感を出すことができます。「ヘアライン加工」と同様に凸部分に施され、凹部分には「ブラスト加工」「塗装加工」「色入れ加工」などの表面加工を組み合わせる事で、様々な表現が可能となります。

アルミプレートミガキ
ミガキ アイコン

研磨剤を使用し、回転している円盤状の布や砥石に製品を押し当てることで表面を研磨する加工方法です。プレートの凸部分や側面に施す表面加工で、研磨した部分には鏡のような輝きとツヤが生まれます。
凹部分に「ブラスト加工」することで、光沢とつや消しのコントラストが生まれ、高級感あふれる美しい仕上りとなります。

アルミプレート塗装
塗装 アイコン

スプレーガンで塗料を吹き付けた後に、釜に入れ焼き付けることで、塗料を硬化させる加工方法です。主に、ベース部分(地面)に「塗装加工」をし、凸部分を「ヘアライン加工」や「ダイヤカット加工」で仕上げます。
黒色の塗装が最もスタンダードですが、その他のイメージカラーやコーポレートカラーなど、様々なカラーでの「塗装加工」が可能です。

アルミプレート色入れ
色入れ アイコン

各種表面加工を施した製品の凹部分に塗料を流し込み、着色する加工方法です。着色後、加熱して焼き付けることにより皮膜を硬化させます。
凹部分にのみ着色することが可能で、1色での着色はもちろん、凹部分を金属の境界線で分けることで、多色での「色入れ加工」も可能となります。イメージカラーやコーポレートカラーなどで彩色することで、より華やかな印象に仕上げることができます。

※上記はアルミ製品の表面加工です。真鍮・銅製品は異なりますので真鍮・銅製品の表面加工をご覧ください。

上記はアルミ製品の表面加工です。真鍮・銅製品は異なりますので真鍮・銅製品の表面加工をご覧ください。

アルミ製 ロゴネームプレート・銘板 表面加工の組み合わせ

アルミ製 ロゴネームプレート・銘板
表面加工の組み合わせ

アルミ製のロゴプレート製品の表面加工 図解
アルミ製のロゴプレート製品の表面加工 図解

アルミ製ロゴプレート製品の表面加工は、わかりやすく例えると、料理の仕上げ段階で、飾りとなる食材を盛り付けていく感じ(右図)に似ています。
ロゴプレートの見た目を良くしたり、表面を保護する目的で用いられます。
アルミ無垢素材に、第1加工、第2加工、第3加工、第4加工と表面加工を加えていくことで、バリエーション豊かな見た目のロゴプレート製品が仕上がります。
表面加工の種類により、加工単体で仕上げるもの、加工を組み合わせて仕上げるものがございます。下記表を表面加工ご選択の参考として、お役立てください。

■表面加工選択表

アルマイト アイコン ブラスト アイコン ヘアライン アイコン ダイヤカット アイコン ミガキ アイコン 塗装 アイコン 色入れ アイコン
第1加工で
選択できる加工
第2加工で
選択できる加工
第3加工で
選択できる加工
第4加工で
選択できる加工
第1加工で
選択できる加工
第2加工で
選択できる加工
第3加工で
選択できる加工
第4加工で
選択できる加工
アルマイト アイコン
ブラスト アイコン
ヘアライン アイコン
ダイヤカット アイコン
ミガキ アイコン
塗装 アイコン
色入れ アイコン

※各加工の段階で、選択できる表面加工は1つのみです。
※同様の表面加工を、2度選択することはできません。
※「ヘアライン」「ダイヤカット」「ミガキ」は、プレートの凸部に施す表面加工のため、併用はできません。

各加工の段階で、選択できる表面加工は1つのみです。
同様の表面加工を、2度選択することはできません。
「ヘアライン」「ダイヤカット」「ミガキ」は、プレートの凸部に施す表面加工のため、併用はできません。

アルミ製 ロゴネームプレート・銘板 裏面加工(取り付け方法)の種類

アルミ製 ロゴネームプレート・銘板
裏面加工(取り付け方法)の種類

別途費用にて、裏面の加工を追加することも可能です。お気軽にご相談ください。

アルミプレート両面テープ 両面テープ アイコン

製品本体(取り付け箇所)にそのままの状態で貼り付けられるように、裏面に「両面テープ」を貼ることが可能です。テープ幅も何種類か常備しておりますので、サイズに合わせて最適なサイズを貼り込みます。
外形に合わせてテープの形状をカットすることも可能です。

アルミプレート穴あけ 穴あけ アイコン

ビス止めやネジ止め用に、穴をあけることが可能です。
お客様のご指定サイズで、「穴あけ」をいたします。

アルミプレートボッチ ボッチ アイコン

位置合わせ用に、裏面に突起(ボッチ)を付けられます。決まった位置に正確に貼りたい場合や寸法が決まっている場合などにお勧めです。
貼り付けには、「両面テープ」や接着剤などを併用していただく必要がございます。

アルミプレート足だし 足だし アイコン

製品本体(取り付け箇所)への固定用や位置決め用のステー(足)をロゴプレート一体成型で製作いたします。
一体成型なので折れたり、位置ずれなどの心配がありません。
足の先端を細く加工することも可能ですので、スピードナットなどの装着も容易です。
当社特有の技術です。詳しくはこちらもご覧ください。

アルミプレート両面テープ
両面テープ アイコン

製品本体(取り付け箇所)にそのままの状態で貼り付けられるように、裏面に「両面テープ」を貼ることが可能です。テープ幅も何種類か常備しておりますので、サイズに合わせて最適なサイズを貼り込みます。
外形に合わせてテープの形状をカットすることも可能です。

アルミプレート穴あけ
穴あけ アイコン

ビス止めやネジ止め用に、穴をあけることが可能です。
お客様のご指定サイズで、「穴あけ」をいたします。

アルミプレートボッチ
ボッチ アイコン

位置合わせ用に、裏面に突起(ボッチ)を付けられます。決まった位置に正確に貼りたい場合や寸法が決まっている場合などにお勧めです。
貼り付けには、「両面テープ」や接着剤などを併用していただく必要がございます。

アルミプレート足だし
足だし アイコン

製品本体(取り付け箇所)への固定用や位置決め用のステー(足)をロゴプレート一体成型で製作いたします。
一体成型なので折れたり、位置ずれなどの心配がありません。
足の先端を細く加工することも可能ですので、スピードナットなどの装着も容易です。
当社特有の技術です。詳しくはこちらもご覧ください。

ロゴプレート作成のお問合せはこちら

金属製ロゴプレート製作の技術とノウハウを蓄積した製造現場ならではの柔軟な視点でご相談にお答えします。
無料にてデザインイメージを作成いたしますので、スムーズにお話が進められます。
お急ぎの場合はご相談ください。自社工場ならではの短納期対応が可能です。お気軽にお申し付けください。

LINEからのお見積もり・お問合せも受け付けております。
お気軽にお友達登録してください!
LINEで問合せ ※友達登録後の営業メール等は一切ございません。

ロゴプレート作成の
お問合せはこちら

金属製ロゴプレート製作の技術とノウハウを蓄積した製造現場ならではの柔軟な視点でご相談にお答えします。
無料にてデザインイメージを作成いたしますので、スムーズにお話が進められます。
お急ぎの場合はご相談ください。自社工場ならではの短納期対応が可能です。お気軽にお申し付けください。

TEL:03-3268-5425
MAIL:aotani@logo-plate.com

LINEからのお見積もり・
お問合せも受け付けております。

お気軽にお友達登録してください!
LINEで問合せ
※友達登録後の営業メール等は
 一切ございません。

追加・リピート注文について
追加・リピート注文の際には、 コチラのフォームに必要事項を記入していただくと、簡単にご注文ができます。