ブランドタグトップイメージ

真鍮製品 仕上げ方法

真鍮プレートは デザイン仕上げの組み合わせにより、様々な個性を表現します。
光沢メッキで美しく、見た目を整える表面加工(ブラスト、いぶし(アンティーク、ミガキ)、コーポレートカラーを入れる色入れ、をご紹介いたします。
※デザインによって見た目が変わりますので仕上げの参考にお役立て下さい。

※上記タグから各仕上げにすばやく移動できます。

各仕上げのベース色は「金、銀、銅、黒色」より選択いただけます。※ いぶし(アンティーク)は「金、銀、銅色」

光沢メッキ

表面に薄い金属の薄膜を形成します
見た目を美しくする装飾性だけでなく変色、耐食性、耐摩耗性、などからも守る効果があります
比較的安価にできます。

ブラスト(つや消し)

梨の表面のようにザラザラした質感。
光沢を消しマットで落ち着いた仕上がりとなり、滑り止めの効果もあります
特殊機械を使い粒子の細かい砂を、高速で吹きつけます。
とても上品な仕上がりでロゴの視認性も高いです。

サテーナ

「ヘアライン」とも呼ばれる一定方向の目が高級感を高める表面処理です。貴金属などにも良く使われる加工です。
加工面が程よく光り、いぶし(アンティーク)などと合わせると重厚感と高級感が得られます。

いぶし(アンティーク)

製品全体を黒く染め上げ、凸面を研磨して黒色被膜をとり、長い年月経た色調にする加工です
凹面や凹凸の際に強く陰影がでてより強い重厚感があります。
歴史あるものや趣のあるものに合わせるとより製品が引き立ちます。

ミガキ

磨いた部分が鏡面に仕上がり、磨いてない部分とのコントラストが引き立ち、高級感有る製品に仕上がります。
側面も磨いたり、キーホルダーなどでは両面、側面磨くなど、高級な仕上げも可能です。

ベロア

つや消し加工の一種でビロードのように滑らかな仕上がりになります
ブラストと比べより滑らかな質感のつや消しと上品な光沢感を併せ持つ仕上がり
洗練された製品によく合います。

色入れ

境界線で分けられた部分に塗料を流し込みます 単色で全体的に入れたり、多色で部分部分に入れたり出来ます。
イメージカラーやコーポレートカラーなどを入れ、より華やかな印象にすることができます。

上記は真鍮・銅の仕上げ方法です、アルミは異なりますので アルミ 仕上げ方法をご覧ください。


ブランドタグ・ブランドプレート作成は コチラをご覧ください。

ブランドタグページはこちら


真鍮・銅 製品 裏面加工

オプションとして裏面に加工を入れることが可能です。

真鍮プレート割り足

割り足

真鍮プレート穴あけ

穴あけ

真鍮プレート裏カシメ

裏カシメ

真鍮プレート両面カシメ

両面カシメ

生地や革など様々な素材に対応できる割り足、縫い付けに適した穴あけ、革製品などのしっかりした生地にガッチリ止める裏カシメ・両面カシメなど、用途に合わせて裏面加工も選択できます。

ロゴプレート作成のお問い合わせはこちら

デザイン・仕上りの製品イメージがわかないときは、お気軽にご相談ください!!
仕上げ方法など工場ならではのプロの視点で的確にアドバイスさせていただきます。
無料でデザインイメージ作成いたします、お気軽にお申し付けください。
お急ぎの場合はご相談ください、自社工場ならではの短納期対応が可能です。

お電話 03-3268-5425 メール aotani@logo-plate.com  

追加・リピート注文について

追加・リピート注文の際には、 コチラのフォームに必要事項を記入していただくと、簡単にご注文ができます。