ブランドタグトップイメージ

ブランドタグ作成

ブランドタグ、服飾品や雑貨向けのオリジナルタグプレート。

付加価値を高めるためのブランドタグとして、服飾雑貨用のオリジナルロゴプレートとして、目に見えないネームバリューを形にし、製品に価値を残しましょう。

重厚感あふれる真鍮の特性を生かし、ブランドの歴史やコンセプトを象徴するにふさわしい、奥ゆき・陰影のある精細な立体表現が可能です。

下記製品一覧を参考に、作りたいものに近い表現・用例をご検討ください。

ブランドタグサンプル一覧

チャームプレート 画像 インテリアプレート 画像 バッグプレート 画像
チャームプレート 詳細ページへ インテリアプレート 詳細ページへ バッグプレート 詳細ページへ
チャームプレートは小物などの装飾に良く合います インテリアプレートはインテリア周り(家具やシンクなど)のブランドイメージをアップさせるのに効果的です バッグプレートはバックやポーチなどの装飾に良く合います

仕上げ方法一覧

主に真鍮製で作られることの多い、ブランドタグの仕上げ方法をご紹介いたします。
一般的な金・銀・銅などの各種メッキ、アンティーク仕上げに加え、真鍮独特の持ち味をいかした無垢での仕上げも可能です。

ブラスト(つや消し)
ブラスト(つや消し)

メッキ前に、砂やガラスなどの粒子を吹き付けて表面を粗らす加工。
ブラスト処理後のメッキ面はつや消しになり、全体的に白んで高級感が増し、落ち着いた印象に仕上がります。

ブラスト + 磨き
ブラスト + 磨き

ブラストと同じように加工後、凸部分を磨き(鏡面)上げ、各種メッキをします。
鏡面部分とつや消し部分のコントラストができ非常に高級感のある仕上がりとなります。

磨き(鏡面)
磨き(鏡面)

盤面の広い部分を鏡面上に磨き上げることにより、高級感のある仕上げになります。
マットな製品に合わせると鏡面に仕上がったロゴがアクセントになります。

古美
古美

古めいた変色を再現したメッキ仕上げで、硫化反応で黒く変色させた部分をランダムに磨き上げて風化したような陰影を表現します。
金・銀色それぞれの色合いがあり、2つと同じものがない無い個体差が特徴。

ダイヤカットアルマイト
ダイヤカットアルマイト

回転するダイヤモンドの歯で表面を線状にカットする加工。
面エッジ除去のための安全目的に加えて、微細な線状痕が光を乱反射し、金属独特の風合いと緻密な陰影による立体感を醸し出します。※アルミ専用

黒塗装
塗装

ダイヤカットなどの加工と併用することが多い、彩色の基本となる加工。
凹み部分に塗料を流し込んだり、全面に塗布し凸面を拭き取ったりと塗装方法は様々で、多彩な着色が可能です。

ブランドタグ作成でお悩みの場合は...

プレス職人画像

★ブランドタグの仕上がりは、ロゴデザインや文字数によっては職人の経験に基づいた細やかな仕様設定が必要になります。

取り付ける対象や用途に応じて、どんな仕上げにするのが良いのか?? ...など

デザイン・仕様に悩んだときには、メールやお電話などでお気軽にご相談ください!!

60年の製作実績の中で培ってきた、ロゴプレート職人の技術的な視点から的確なアドバイスをさせて頂きます。

デザインイメージの無料作成も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ窓口:担当 川合 までお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3268-5425 / FAX:03-3268-5426 / MAIL:aotani@logo-plate.com

定休日:日曜 祝日/第1・3・5土曜日

お問い合わせはコチラ