ヘアラインプレート

ヘアラインプレート画像

【裏加工の種類と用途】

平加工:装着対象物に埋め込むためのフラットな裏面仕上げ。

ボッチ加工:紡錘形のボッチで固定時の傾きや円形プレートのねじれを抑えます。

足出し加工:スピードナットなどの固定目的で、表裏を同時に加工する一体成型。

裏面仕様画像


参考価格一覧表

  参考価格 参考仕様
100個の場合 製品代:@380×100=38,000
金型代:要見積り
合計:要見積り
サイズ:H15㎜ × W75㎜ 程度
仕上げ:ヘアライン×グレーアルマイト
アルミ製
500個の場合 製品代:@200×500=100,000
金型代:要見積り
合計:要見積り
サイズ:H15㎜ × W75㎜ 程度
仕上げ:ヘアライン×グレーアルマイト
アルミ製

※価格はすべて税別表記です。

ネームプレートはデザインや仕様、大きさによって価格が変動いたします。
上記価格を参考に、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

仕上げ方法一覧

主にアルミ製で作られることの多い、銘板・ロゴプレートの仕上げ方法をご紹介いたします。
アルミニウム独特のアルマイト処理から、プレートの付加価値を高めるダイヤカット・ヘアラインなどの表面加工。
鮮やかな彩色を可能にする塗装で、コーポレートカラーやイメージカラーを表現することも可能です。

ダイヤカット ヘアライン ミガキ
ダイヤカット画像 ヘアライン画像 ミガキ画像
回転するダイヤモンドの歯で表面を線状にカットする加工。
凸面エッジ除去のための安全目的に加えて、微細な線状痕が光を乱反射し、金属独特の風合いと緻密な陰影による立体感を醸し出します。
バフやエンドレスサンドペーパーなどで、髪の毛のような粗めの線痕を刻みつける加工。
金属光沢は若干抑えられて、デザインの陰影強調や、より金属らしい質感が得られます。
文字通り製品表面を磨き上げる加工。
バフなどで製品の凸面を磨き上げ、鏡面に仕上げることで背景とのコントラストが際立ちます。
アルミ独特の自然な光沢を生かしたナチュラルな風合いに仕上がります。
金銀アルマイト 塗装 ダブル塗装
金銀アルマイト画像 塗装画像 ダブル塗装画像
アルミの陽極酸化被膜の微細孔に染料を浸透させ、鮮やかな着色を施すアルミニウム固有の加工方法。
着色後に行う封孔処理により彩色の堅牢度が高まります。
ダイヤカットなどの加工と併用することが多い、彩色の基本となる加工。
凹み部分に塗料を流し込んだり、全面に塗布し凸面を拭き取ったりと塗装方法は様々で、多彩な着色が可能です。
複数色を再現する際の加工方法。
サンプル画像は、赤色を全面に塗装した後、黒色に再塗装し、ロゴの凸面のみを拭き取り下層の赤色を露出させた塗装サンプルになります。

ロゴプレート作成でお悩みの場合は...

プレス職人画像

★ロゴプレートの仕上がりは、デザインや表面加工の組み合わせによって様々です。

用途やコンセプトにあわせて、どんな仕上げにするのが良いのか?? ...など

デザイン・仕様に悩んだときには、メールやお電話などでお気軽にご相談ください!!

60年の製作実績の中で培ってきた、ロゴプレート職人の技術的な視点から的確なアドバイスをさせて頂きます。

デザインイメージの無料作成も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ窓口:担当 川合 までお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3268-5425 / FAX:03-3268-5426 / MAIL:aotani@logo-plate.com

定休日:日曜 祝日/第1・3・5土曜日

お問い合わせはコチラ